介護の難問…きれいごとだけでは人の助けになれない

お久しぶりです、介護の中の人です。

前回記事からとんでもなく時間が経ってしまいました…なにやら新規ラッシュのおかげで事業拡大をする事になり。また不思議な仕事が増えております。有難い事なんですがタイミングってものがあるでしょうに。

さて、ちょっと縁あってこんなタイトルになりました。今回は割と真面目な内容であり、どのような価値観であっても一度は真剣に考えて頂きたいものであります。

 

友人からの相談

もう10年も前になるでしょうか、僕の全力の反対を押し切って介護業界に飛び込んできた友人がいます。彼は意外にも介護職を継続し、現在は施設の相談員として勤務しております。

そんな彼から珍しく飲みのお誘い。何の深読みもせず参戦したのですが、この時の相談が強烈でした。

ナースコールって外していいの?ダメなの?

突然の質問にダメだろ、とまあ一蹴したものの話に続きがある模様。どうやら施設の若い子(Aちゃんとでもします)が夜勤中にナースコールを外していたと。戻すのを忘れていたら日勤者が気付き上長に報告したというありきたりな掴みなのですが、問題はそこではありませんでした。

ちなみにこの施設、規模は小さく一人夜勤との事。

一時的にらしいんだよね

だからダメだろ、と再度ぶった切ったものの更に続きがある模様。ちょうど状態の思わしくない利用者さん(Bさん)がいたのだそうです。さらに自力で起き上がってきて施設内を徘徊するCさんが活発に歩いている。Cさんは他利用者さんの居室に入ったり、施設から出ようとしたり、時にはキッチンや風呂場で何かしてしまう事もある。そんな状況なのに昼夜問わず内容のないナースコールを鳴らす常習者である寝たきりのDさんも本気を出し始めた。このカオス極まりない状況、施設勤務経験者ならおわかり頂けることでしょう。

そしてこのDさん、コール対応では何を言ってもダメだそうです。だからと言って訪室してもナースコールは連打するようですが。

それぞれの思い

Aちゃんの主張

Cさんが歩き出している以上、そちらの対応が最重要と考えた。Bさんの状態も気になるけど自分は医者ではないから様子観察と連絡が限界だし、同じくらい観察が必要だけどどちらかというとCさんに目を配るしかない。

それだけでも朝の準備が進まないのに、Dさんがナースコールを連打する。コールが鳴るだけならばいいが、起床して本当に用があってナースコールを鳴らす人のコールが取れなくなる。何度も夜勤をしているが、こんなにバタバタした事はない。とてもじゃないけど対応できないと思って朝準備の1時間だけと思い外してしまい、しかも戻すのを忘れた。

報告した人の主張

ナースコールを外すのはありえない。これは虐待にあたる事なので、上司から厳しく言って今後やめさせてほしい。私は一度も外したことがない、こんなことでナースコールを外すのはプロとは言えない。

友人の見解

正直これはわからない。理想論で話をするのならAちゃんは間違っているのだろう。ところが夜勤者の朝は本当に修羅場であり、そのうえ要観察者が2名いた。これを一概に悪いとしていいものかわからない。ちょっと意見が聞きたい。

僕も少し考えてみた

Aちゃんについて

この話を完全に信じる前提ではありますが、僕はこの子を悪とする事ができません。要観察者が2人おり、しかも生命の危機に陥る可能性があるのはむしろBさんの方ですよね。友人の話ではキッチンや風呂場で何かする事もあるようですので、怪我や火傷の可能性はいくらでも考えられます。まずこの判断ができているという事。

一つだけ言うならば、ナースコールの子機が1台だけという事もないでしょう。Dさんの対応中に他のコールが鳴ったならば別の子機での対応をしようと思えばできなくはありません。1台しかなかったらごめんなさい。

報告者について

この人は恐らく真剣に良くない事だと考えた上で報告しているのだと思います。ところが考え方が凝り固まりすぎと感じるのも一つです。報告自体が悪いのではなく、そこに至る考え方が危険極まりない気がします。

また、この人が偶然にも楽な日の夜勤にしか当たってない可能性だってあります。仮に上記のような修羅場に当たった場合、どのような対応をもってプロの仕事としているのかには非常に興味があるところです。

この話の難しさ

身体拘束なんかにも言える事なのですが、本人から自由を奪う=悪という風潮は早計すぎやしないかと思うのです。特別な理由もなく拘束しているのならともかく、本当に本人の生命を守るために止むを得ず行っている場合もある訳で。

それを踏まえたうえで、介護職員というのはどうもこれが正しいのだ理想論を叫ぶ事が正義みたいな人が多い気がしますね。後述しますが、対人間との関わりにおいて絶対的な正解などというものは存在するのでしょうか?まあしませんよ、存在すると思っている人は介護素人にすらなれていませんよね。

絶対という幻想

介護職員としてプロを名乗るのであれば、最低限これを無くして欲しいのです。業務の手順だったりハイターを何ミリ入れるとかだったり、そういったものはどうぞ確定して周知してください。このようにすると決めて下さい。

ところがこの話のような場面でこのようにしなさい、これがプロの姿ですというのはあまりにも滑稽であり、むしろ素人感が出てしまいます。報告した人には申し訳ないですが、報告そのものは良いとしても自身の意見がまるで幼稚と言わざるを得ません。これはチームで考えなければいけない案件でしょう、それを自分が正義と言わんばかりにぶった切るのはいただけません。まあ仕事ができなくはないですが上司には向かないタイプと思われてしまいますよ。

って報告者のダメ出しになっとる。

安定の脱線

の予感がするので早めにまとめましょう(笑)だらだら書くと説教臭い内容になりそうですしね、これはぜひ皆さんに考えてほしいものなので余計な事を書く前に撤収です。

さらに今回の話についてははあまり善悪で語りたくないので、突っ込んだ書き方は控えます。とりあえず友人には

別に処分が必要なものじゃないと思う。ただ他に方法はなかったのか、同様の状況だった場合に他のスタッフならどう対応したのかは話し合う必要があるのでは。対応方法を決めるというより、セクションで意見を出し合って何かのヒントになればラッキー程度で。

と伝えてありますので、それを僕の意見とさせて頂きます。ついでに

その子たぶん辞めるからうちに呼びたい、うちでなら成長する

と言ったらやっぱり叩かれました。

ではまた!

実地指導が来てしまう!

釣りに行きたいな…介護の中の人です。

そろそろ実地指導が来そうなんですよ。いつでも来いやという気持ちではいますが、できれば来てほしくないですよね(笑)という事で、今回は実地指導についてあれこれ書いてみます。但し鵜呑みは厳禁!自治体によっては独自ルールというのがありますので、一番安全なのはやはり地元の実地指導慣れした人の意見です。ネット情報では対応しきれないという事を前提に考えましょう。

 

実地指導の概要

何をしに来るのか?

ざっくり言うと書類チェックです。運営指導、報酬請求指導の2つに大別されますが、運営指導というのはケアプランとサービス計画、サービス実施記録等を基に個別的なケアをプランに則って提供しているか的な云々の確認や虐待・身体拘束についてのチェックがあります。報酬請求指導では広義で請求に必要な書類が揃っているか、その中身に問題は無いかをチェック。また、管理者等から直接話を聞きながらのものとなります。これは居宅とその他在宅事業でかなりウェイト違うとは思いますが、気を付けるポイントは似たようなもんです。

どれくらいのペースで来るのか?

これは各自治体で様々なので一概には言えません。当県では新規事業所は開設から2~3年後、継続事業所は前回指導から5~7年と言われていますが、これだって来ない時もあります。やはり指導対象が重なる年もありますのでスケジュール的に厳しい時もあるのでしょう。決して雑な自治体というわけではないと思っています、そう書いておきます。

監査とは違うのか?

違います。実際の中身や場の空気とかは別として、実地指導っていうのは「詳しい人が現物の書類を使って一緒にチェックをしたり助言をしますよ」というもの。言ってみればコンサルティングに近いスタンスであると言えます。ですので、虐待疑いの場合を除き2~4週間前には〇月〇日の〇時に〇人で伺いますといった通達が書面で送付されます。

しかしながら監査というのは基本的に「ダメな証拠を押さえに来る」と言ってもいいほどのもの。実地指導やヘビーな通報によって「あそこアカンやろ」となった場合に起こるレアイベントなんですね。実地指導には予告がありますが、監査は急に来ます。いつも通り仕事に来て、いつも通り仕事をしているとスーツ軍団が訪問するんですね。その特異な空気を感じた途端に事業所の終わりを感じるため、パートのおばちゃん達がざわざわします。

準備するもの

これも自治体によるかもしれませんが、うちは上記の書面到着後も電話等でのやりとりがあります。その際に、〇〇なケースの方の書類をどれくらい用意しておいてください的な連絡があるんです。よっぽど指導員の人数を動員できる自治体でない限りはこのパターンかなと思います。以下は間違いなく揃えておきたい書類になります。

利用者ファイル

呼び方は事業所で様々でしょうが、いろいろ挟んでるアレです。この中にまとめられている書類はほぼチェック対象となりますが、チェックするファイルそのものがある程度選定されます。利用人数が少数の場合はフルチェックも充分あり得ます。

  • 加算請求対象者(主に初回加算)
  • 新規利用者
  • 改定を挟んだ利用者
  • 2割、3割負担

この辺りを欲しがります。加算請求対象者というのは、処遇改善加算のような常時算定の加算よりも単発で発生する加算が重点的に見られます。訪問介護の初回加算ですと加算請求そのもの、サ責の初回訪問実績があるかのチェックがあるといった具合です。

改定を挟んだ利用者さんの場合は通常の契約書や重説の他に、料金変更に関する通知の記録等が必要となります。ツッコミ回避のため、できれば通知ではなく同意書の形で捺印を貰っておいた方が良いです。

負担割合は本当に注意してください。最近の大手介護ソフトを導入していない、しているけど請求業務には使っていないといった事業所は必ずです。心配ならこれまでの請求も確認してみましょう。2割負担というのは、1割負担の倍ではありません、あくまでも2割負担です。ここを理解していないと利用者請求に1円の誤差が生じる事があります。訪問入浴が説明しやすいのですが、1234単位時に処遇改善加算(Ⅰ)で請求していた場合、1割負担で月8回利用の利用者請求は10,445、2割負担で月4回利用の利用者請求は10,444となります。訪問介護なんか単位多いし大変ですが、不安なようなら一度確認してみましょう。

また、ファイルの中身については

  • ケアプラン
  • 介護保険
  • 担当者会議録(または照会)
  • サービス計画(訪問入浴不要、福祉用具は微妙)
  • モニタリング
  • 実績と一致する提供表

このあたりです。ケアプランは自治体によって何表まで必要かが違い、しかも内容に問題が無ければ記名捺印前のケアプランで良い所もあります。これは評価点です、サービス事業所がわざわざ記名捺印後のケアプランを貰っておく必要性は感じませんので。

担当者会議録は毎回ケアマネにもらう癖をつけましょう、これをサービス側でわざわざ作成するのはただの業務負担でしかありません。ケアマネは必ず作るんだから他の情報と一緒に送付してもらうだけの話です。くれないケアマネには依頼を断るなんとかお願いしましょう。

サービス計画は訪問入浴は制度として求められていません。福祉用具については一応基準があるんですが、作成はともかく更新のタイミングについて名言されておりません。明言されていない以上はこちらで解釈をして、例えば直接介護ではないのだから状態も介護度も利用用具も変わらず、計画書を更新する意義というのはあるのか?という事にもなるんです。おそらくここも自治体ごとに対応は違うでしょう。

実績と一致する提供表というのは、いわゆる差し替えとして送られてくるものです。

加算要件の類

加算を申請する時に必要な書類ってありますよね?常勤換算とか資格証とか研修計画と記録とか…なんだっけもう忘れた。そのあたりもチェック対象になったりします。ここは一度揃えているのであまり不備は出ないと思われがちですが、意外とある模様ですよ。おそらく人員の増減や入れ替えで有資格者が不足になったとかの理由かと思います。わかっててやってる事業所はすごい根性してるなと思いますが。

申請時点ではなく現行のものを提出するわけです。その時になってやれ資格証が無いだの名前が変わったのに申請してないだのがわかるんですね。これは事前に指導員に申告しましょう。また、既に申請していつ頃に届く予定だとかも報告するとなお良いです。ただし嘘はダメですよ、嘘ついてバレると一瞬で監査対象になりますからね。

勤怠書類

基本的に現場レベルのものになります、つまりタイムカードや出勤簿です。

タイムカードや出勤簿の場合、どちらかというと記録との突合に使うとか、人員基準に不備がないか程度のもの。ザルチェックとまでは言いませんが監督署のように業務記録と休憩時間をガチですり合わせるレベルではないため、これを機会にブラック企業がホワイト化すると期待している人には残念でしたとしか言いようがありません。ただし10日連続でタイムカード押していたり、明らかに異常な残業時間で押していたりすると狙われます。国内ブラック企業率トップ3に入るであろう介護業界は定時で一度押させてるから安心ですね、潰れちまえ。

そんなに準備できるわけがない?

もちろんですよ、これを直前に揃えるなんて不可能です。日々やっていかなければいけないんです。まあ書類なんてやる時間が無いとかもありますよね、あるけど無いって言う人も4割はいそうですが(笑)

日々業務への落とし込み

いきなり極論になるわけですが…要するにその都度終わらせておきましょうよって事です。新規のたびに、月末のたびに、更新のたびに必要書類をまとめてしまう癖をつけましょう。あとでまとめようと思うと忘れてしまう事もあるでしょうし、最悪そのまとめが重なって膨大な業務量となり処理しきれなくなってしまうなんて事も…。多少残ってでもその日に済ませれば10分で済むものが、10件溜まると100分になります。

役割分担

これは事業者や他の職員と相談しなければいけない場合が多いでしょうけどやった方がいいです。管理者やサ責じゃなければできない業務なんてのは指折って数えるほどもありません、誰でもいい仕事がほとんど。施設なんかだとケース担当とかつきますよね、あんな感じです。とはいえ在宅でケース担当制は失敗するので単純に業務ごとの分担が望ましいと思います。あとそれを固定しないのも大事ですね、ある程度の期間は決めましょう。

悪い事をしない

一番簡単ですね(笑)普段から不正と思われるような事をしないのが何より重要です。もちろん不正だと思わなかったというのは怠慢です。これ大丈夫なのかな、これおかしいなと気付けるようになりましょう。

ちなみにあるあるなんですが、上司なんかに「これ大丈夫なんですか?」と聞くと「大丈夫!前もそれで問題なかったから!」なんて言われたりしますが信用しないでください。前の実地指導時に漏れただけかもしれませんし、なんなら時間押してそこだけちゃんと見てなかったかもしれない。制度に詳しい人に聞くとか、自治体に確認するようにしましょう。

裏技

これいいのかな…なんかすげえ叩かれそうな気もしますが。利用人数が多い事業所でしかできないんですが、打ち合わせの際にもうこっちから切り出しちゃいましょう。

「新規とか加算のファイルは分けておいた方がいいですか?」

的に。こっちだと大体これで返答が決まってます。

「そうですね、ここ最近の新規と〇〇と〇〇な方のファイルを10件ずつくらいまとめておいてもらえると助かりますね」

これで完了です、提出するファイルをこちらで選定できるという事。良くない言い方になりますが、この提出するファイルさえ完璧であればクリアが楽になるといった具合です。ただし!これでクリアしたからといって雑にはしないでください。本来であれば実地指導のために準備するものではなく、普段からしっかりできているべきものです。ですのでこれをアテにして手抜き癖をつけると、いつか不意打ちをくらって看板がぶっ飛ぶ事になりますよ!

まとめ

まとめる事が特にありませんが(笑)

実地指導は避けて通れません、これは仕方のない事です。なにしろ制度ですし、我々は公務員ではありませんが税金から所得を得ていますからね。実感無いでしょうけど。

なんか予定よりざっくり過ぎたかな…いや、たまには短めの内容も必要ですよね!そういう事にしておいてください。ではまた!

 

だいぶ暖かくなり雪も消えて道路が走りやすくなりましたね。あ、介護の中の人です。

そんな事よりお久しぶりです(笑)たぶん皆さん同じかと思いますが、改定絡みでバタバタしておりました。改定やら監査やら介護事業はいちいち変なイベントが挟まるので困ったものです。

さて、改定そのものは説明要らないですよね?要ります?いやん。

コレ絡みで別に書きたい記事もあるし、サクッと解説していきましょう。

 

平成30年度介護保険改定

全体的にあまり大掛かりではなかった印象ですが、一部サービスはとんでもない対応に追われたりもします。介護報酬は全体的に微増、訪問介護の生活援助と通所リハが減でしたっけ?相変わらず減算関係と各要件はそれなりに変更になっています。

訪問介護はどちらとも言えない改定です。訪問看護、訪問入浴、認知症対応型通所は総じてプラス方向の内容かと思います。逆に総合的にマイナスなのは通所リハ、居宅介護支援、福祉用具でしょうか。次回記事の下準備的な記事ではありますが、一応サービスごとに書いていきます。あまり関わりのない事業は省きますごめんなさい。また、処遇改善加算ⅣとⅤに関しても放置します。もともと無くてもいい加算ですからね。

訪問介護

改定のたびに踊らされる介護保険事業のピエロ的存在です。

プラス面

身体介護においては報酬増となっております。また、生活援助のみ行う事ができる新設資格があります。こちらはメリットが比較的あるもので、まず現行の初任者研修に係る時間と費用の負担をどう思われますか?介護を上から下まで見ている僕でもあんなもの誰が取ってくれるのか本当にわかりません、いたら聖人レベルです。軽い負担で生活援助専門の資格を、というのは個人的には良い動きだと思いますね。しかもこの資格所有者も常勤換算に組み込める模様。地味に助かる事業所もあるのでは?

マイナス面

生活援助は報酬減となっています。また、生活援助の時間数に制限がかかる(すいません具体的な時間数は忘れました)というのもポイントです。それだけの提供時間が必要という根拠を示さなければいけない様です、もっともこれはケアマネの領分になるんでしょうか。同一減算も一応マイナスにしておきますが、僕はこれ介護業界全体の視点で捉えるととんでもなくプラスな内容と考えています。同一減算はもっと強めてもいいくらいです。余談ですがうちの近所の施設併設事業所は同一回避のために訪問介護の事業所を移転しましたよ。もはやコメントする気力も失せるってもんです。

訪問看護

高需要、高報酬、でもなぜか飛躍する事業所が無い不思議なお仕事。法人のせい

プラス面

報酬微増となり、看護体制強化加算(Ⅰ)が新設され、これまで3か月であった実績期間を6か月に延長する事であわただしく届出をしなくて済むようになります。また、ターミナル加算を5名以上取っていれば加算(Ⅰ)を取ることができ、これがまさかの600単位となっております。訪問看護事業所は今後更に需要というか役割が増やされる増えてくる部分と思われるので、今回の報酬増と加算を活用して積極的に人材の確保と育成をしてほしいものです。

更に!複数名訪問加算(Ⅱ)が加わり、この場合は看護補助者が同行する形となります。あまり活用されないかもしれませんが、人手不足で複数名訪問ができないといった事業所にとっては光明となり得るかもしれません。

マイナス面

特になくてですね(笑)まあ同一減算は一部事業所にとって痛いかもしれませんが、同一に頼らない公平公正な経営を心掛ける機会とでも思ってください。

訪問入浴

介護保険に放置されすぎてたまに改定があると本気でビビります

プラス面

報酬増、16単位は数字で見ると大きいですが訪問入浴は提供数が大きくならないので…とはいえ月100件ほどの事業所でも16000円/月の増収と考えれば小さいとも言えませんね。なんて真面目に書いてはみたものの、要は前の単位に戻っただけという。うちは開設時点で1234単位だったので単純に増収と考える事ができます、ひゃっほい。

マイナス面

無いです。プラス面も少ないですがマイナスに至ってはありません。まあ上様から見れば風呂に入れるだけでしょ?って所なんでしょう。実際突き詰めるとその通りなんだから何も言えない。訪問入浴の現場で働いている人には本当に申し訳ない言い方になりますが、風呂に入れるだけなんです。僕もたまに入浴の現場に出ますが、湯温や入浴時間など利用者さんの好みや状態に合わせて微妙に変わるものは確かにあります。ところがこれを介護的な視点にした場合、それって特に介護ではないんです。人間が生きていくのに最低限必要な事ではありませんし、この放置感は仕方ない部分なのでしょう。

だからほら、計画書要らないでしょ?作ってる所の方が多いでしょう、うちも作ってます。でも制度では求められてないんです。そのうち介護保険の枠から出されて自治体が独自になんちゃらとなりそうなスリルのあるサービスですね。

認知症対応型

まさかの優しい改定にびっくり!現場はご愁傷さまです。

プラス面

生活機能向上連携加算の新設、働く人は大変ですが。個人的に今回最大と思っているのは、運営推進会議の開催方法緩和。これまで複数事業者の同時開催は認められておりませんでしたが、これが一定条件下で同時開催が可能になります。前から思っていたんですがこれものすごい無駄な経費なんです。中身は必要ですよ、経費が無駄って意味ですからね。単純に現金が出ていく事だけが経費なのではありません。見えない経費とでも言いましょうか、この運営推進会議の開催そのものに経費が動いていなくてもそこに集まる人たちは別に休みでヒマだから来ているわけではありません。こんなものを個別に年二回もやっていたわけです、呼ぶ方も呼ばれる方もやってられませんよ。

マイナス面

基本報酬算定に係る時間に区分ができます。旧7~9時間は新7~8時間に単位が引き継がれ、新たに8~9時間の枠ができます。これはプラスという声の方が多いかもしれませんが、僕はマイナスかなと思います。高い報酬欲しくてわざわざ1時間長い方に無理やり持ってく事業所ありますよ、アリなの?いや無しでしょ。こういう手法での増収はどうかと思いますが…とまあボヤいても仕方ありません。この1時間での区切りを適正に扱い個別ケアの一環とする事業所ばかりである事を願うしかありません。

通所リハ

マイナス改定の花形。今回も魅せてくれます、もはや貫禄すら感じるレベル。

プラス面

リハビリマネジメント加算ⅠとⅢ(旧Ⅱ)が100単位増(!)となります。意味がわかりませんが。更に新設のⅡについては、医師ではなく一定の資格所有者でOKという謎の優しさが添えられています。ちなみに6か月以内であれば1120単位と驚異の加算単位を誇る通所リハの救世主、リハビリマネジメント加算Ⅲ。こちらも医師と利用者さんまたはご家族の日程調整の観点から、テレビ電話等もOKというバファリンクラスの優しさ。でも大丈夫、ちゃんとオチもあります。

マイナス面

リハビリマネジメント加算Ⅳという最強兵器が投入されます。1220単位(⁉)という最強の名に相応しい単位数となりますが、もちろん現場は飢えます(笑)業務負担が更に増え、おたくの主任は今以上に机に座りっぱなしになりますよ。つまり、今でもカツカツなリハビリ提供が壊滅的に激務になるという事。そこまでして3月に1度が限度とされるので、意識高い系かオカネスキーな経営者しか手は出さないと思いますけどね。職員も資産と考える有能な経営者であればこんなのに手は出しません。

一番大事な基本報酬は時間区分のせいでわかりにくいですが、据え置き以上は存在しません。つまり何をどうしようが基本報酬は据え置き~マイナス。主にマイナスなんですけども。

このほかに提供体制加算や予防の加算強化があり、単純な単位の増減で言えば通所リハも増収となるのかもしれません。しかしそれに対する業務負担増、職員の疲弊を考えると完全にマイナス改定と言っていいレベルかと思います。このままだと介護の本当の人手不足は通所リハから始まりますよね。

居宅介護支援

何かあるごとに仕事を増やされるイジられキャラは、今回も存在感を放っています。

プラス面

介護報酬増ですが、一人当たりのケース数を考慮すると微増。利用者負担導入はよ。入院時情報提供加算の要件が緩和になるのが大きいです。加算Ⅰについて病院を訪問する必要があったのですが、今回から提供方法は問わないと変更になっています。ただし入院後7日以内→3日以内となるので注意。

また、退所加算が大幅に増となります。これは評価点といえます、退院や退所によるケアプラン作成の手間は確かに考慮するべき。新設のターミナルケアマネジメント加算については言及しません、僕が言うと過激になる。良いとも悪いとも思う、とだけ言っておきます。

更に、公平中立なケアマネジメントの確保というのは制度趣旨を考えると当然プラスです。超絶マイナスな事業所も多い事でしょうけど。内容としては複数事業所の提案やら何やらありますが、本来これが当然。一人ケアマネが評価されていた理由がこれなんですが、併設あると結局誰もやらないもんだから強制されちゃったんですね。まあ自業自得ということで。

マイナス面

管理者要件に主任ケアマネジャーが加わります、かつてないレベルの大改悪。これ順序が違うんです、主任ケアマネ持ってるから何なのか。質の高いケアマネを作ろう→主任ケアマネのカリキュラム充実→主任ケアマネを管理者に、これがジャスティス。今やっている事は逆で、管理者を主任ケアマネにしよう→主任ケアマネいるよ→質が低い!もっと質を高くしないと!これ。完全に思い付きで動いて手詰まりしたパターンです。いかん、これ長くなるから別記事にします。

ちなみになんですが、プラス面がそこそこのボリュームなのに上記の主任ケアマネの件だけでマイナス改定となります。主任ケアマネのカリキュラムは本当に異常です、長いだけ。ケアマネの質を高めるって言うのなら、もっと具体的に。ケアマネの質は6割本人、4割自治体が悪いんです。そこから是正していかないと。

福祉用具

まさかの(個人的に)超絶マイナス改定!もう看板おろしたい!

プラス面

無いです(笑)いや厳密にはあるんですが事業所というか業界全体にとってのプラスですね。皆さん福祉用具の貸与価格について考えた事ありますか?あれ今まで明確な規定が無かったんです。そこで今回から、福祉用具の提案時に平均価格の記載や類似商品も併せて紹介した記録が必要になりました。これに関して調べていたところ、群馬県の一部自治体でデータを公表していたんですね。そこから勝手に一部紹介しましょう。

よくある車いすって言えばイメージつくでしょうか、チェック柄の自走式車いす。ただの車いすって言葉がぴったりなアレですね。あの車いす、全国で一番メジャーなのは300単位です。ところが!全国最低単位はお財布に優しい100単位、全国最高単位はエアマットも逃げ出すであろう2500単位です!なんだこれ!

離島だったり止むを得ない理由で貸与価格が上がるのは仕方ないと思いますが、これはやりすぎ。こういった暴力的な儲けを無くすため、全国平均を基準に一定の上限額を設定する模様です。いいぞ、もっとやれ

マイナス面

プラス面で提案時に平均価格の記載や類似商品も併せて紹介した記録が必要になりましたと書きましたが、これ。これがマイナス。またか、また紙が増えるのか。価格帯や機能が近いものを同時に紹介して、あくまでも利用者さんに選んでもらうのが目的なのでしょう。いや、いい事なんですよ。でも普通やってますよこんなの、普通は。それをしない普通じゃない事業所に合わせて、普通の事業所にまでそんな証拠残せみたいな仕事を増やすのやめて頂きたい。

福祉用具って大別すると2種類あって、一つは流通・在庫・清掃・レンタルまで完全自社運営のタイプ。もう一つは委託みたいな形で自社運営のところに発注するタイプ。後者は借りた料金と貸した料金の差額しか利益化しないのでほぼ儲けというのは無いんですが、地域の需要と供給のために止むを得ず運営しているパターンもあります。書類地獄が特に厳しいのは後者なんです、職員は兼務のケースが多いので。販売はせず貸与だけなら楽かもしれないけど、そうも行かないですし。あ、ダメだ愚痴しか出てこない(笑)

まとめ

まとまるわけないですが(笑)今回の改定はだいたいこんな感じになっております。本当はサービスごとに掘り下げたい気持ちもあるのですが、他にもっと大事な事があるのでざっくりにさせて頂きました。次回記事はあまり日を空けず更新したいと思います。みんな大好きな監査についてです。それでは!

介護報酬改定目前!デイの機能訓練が危険?

バレンタインデーが嫌いな介護の中の人です。

いや語弊があるかも。バレンタインデー自体は素晴らしいイベントだと思うんです。ただ昨今のビジネス色の強い状況が気に入らないと言いますか…まず義理チョコは迷惑なんで廃止法案でも出して欲しいです。友チョコは勝手にやっててください(笑)

とまあ今日はバレンタインデーなわけですが、そんな事はどうでもいい。もっと危ない介護報酬改定が迫っているのですから、チョコだの何だのと言っていられないのが我々の業界ですね。今回はまたしてもマイナス確定なデイサービスについて触れていきましょう。ちょっと時間なくてほぼ下書きのままです、いつも以上に読みにくいとは思いますが生温かい目で見てやってください。

介護報酬改定とは

基本報酬や加算について、国のお金や事業所の状況を勘案し介護報酬を調整するものです。限りなく簡単な言葉で言うと国が「儲けすぎ」と判断すればマイナスになり、逆に「ちょっと足りないのかな」と判断すればプラスになります。実際にはそこまで単純なものであるはずはないのですが、お上がそう言ってしまうのだから仕方がない。

今回(平成30年度改定)を例に挙げると、訪問介護通所介護に関しては「収支率が高いから減額」と言ってしまっているんですよね。なぜこんな言い方をするのでしょう?事業経営が収支率のみで成立しているわけではない事くらい現場レベルでもわかる事なんですが、なぜかこれ一辺倒です。実際のところ主目的は別にあり、こう言っとけばいいだろうといった思惑を感じてしまいます。

平成30年度報酬改定

基本的には0.5%前後のプラス改定となります。その中で訪問介護の生活部分、通所介護については上記の通りマイナス改定が宣告されております。どちらも細かい単位については専門家の記事をご覧ください、うちそういうお店じゃないんで(笑)

基本報酬減額に伴い、ここのところお約束と化してきた加算強化が講じられます。基本報酬よりもこっちのが問題だと思うのですが…後述します。

ちなみになんですが今回の記事で訪問介護については触れません。特段問題ではないと思っております。こう言っては何ですが、生活援助の無駄遣いは確かに問題だと感じます。もちろんここを読んでくれている皆さんは本当に必要なサービスしか提供していないと思いますが、世間はそればかりではありません。介護保険を使うまでもないようなサービスを提供し、利を得ている事業所というのは存在します。生活援助をいくらこなしても利にはならないじゃないか!と思った方には無縁の話です、ぜひその清い心のまま業務に励んでいってください。

デイについては僕も現場勤務程度しか経験がありません、逆に言うと現場での問題ならわかります。この報酬改定がまた現場を地獄に叩き落す事は容易に想像できますので、そっち絡みで書いていく事にしましょう。

基本報酬改定の善と悪

基本報酬を引き上げると

基本報酬をむやみに上げるのは望ましい事ではありません。報酬増が介護職員の処遇を直接引き上げるのであればいいのですが、多くの事業所はその努力をしません。しないから処遇改善加算が創設されたんです。あんなものは国の指示などなくても事業所の努力でするのが正しいのですが…

それからここ数年、毎年多くの介護事業所が倒産という一つのゴールに辿り着いています。これらはどんなに理由をつけても、行きつく先はほぼ経営難です。報酬がもう少し高ければ倒産件数も減るかもしれません、でもそれっていい事なんでしょうか?

この流れを弱者の淘汰と呼ぶから反発が上がるんですが、もう少し違う角度で考えてみて下さい。ニーズがあり、質の高いサービスを提供し、スタッフも充実している…こんな事業所が潰れるでしょうか?逆に言うとニーズが無く、サービスは低質、スタッフは素人レベル、こんな事業所に価値はありますか?自分ならそこに頼みますか?言ってしまえば「不要な事業所」が自然な流れで消えゆくのです、これはもはや摂理に等しい現象ではないでしょうか。この状態を不公平だ何だと騒ぐようでは倒産して然りですよね。

基本報酬を引き下げると

では減額すればいいのかというと、簡単に下げるわけにもいきません。これはあくまでもバランスです。財源の問題があるので下げられるなら下げたいという思いはあるかもしれませんが、ただ減額のみを推し進めるともちろん弊害が出てきます。見える部分では業務で使用する設備や備品の維持管理もないがしろにされる恐れがありますよね。他産業では設備や備品は壊れる前に何らかの対処をするのが当然であり、それをしない会社はいわゆるブラックの可能性があります。ところが介護事業所というのは業種の割に備品面での危機管理能力に欠ける面があり、壊れてから騒ぐというのが慢性化している場合が多いです。人的にも、物的にも質の低下が懸念されるわけです。

また、介護職員の処遇が今以上に放置されてしまう。上にも書きましたが、多くの介護事業所が処遇の改善に消極的であった事は一連の処遇改善加算が継続できているという事実が証明しております。この処遇改善加算などという物騒なモノが不要になった時が、おそらく介護報酬安定の時期かと思われます。そんな時期は来ないのですけど。

加算改定の善と悪

加算改定の狙いとメリット

今回はデイの話題がメインとなるので、そちらに集中していきます。デイ関係の加算と言えば、個別機能訓練が最たるものではないでしょうか?この加算創設の目的としては介護度の軽度化による将来的な介護報酬の減少、機能訓練を積極的に行い実績もある事業所への手厚い評価の2点が主なものでしょう。どちらも理にかなったものですし、理想的な理由付けではあります。逆の理由もあるかもしれません。機能訓練という言葉で釣っているものの、実際には大した訓練を行っていないデイを淘汰するといった感じの。これも理由としては正しいですね。

実際にこれらの加算によってリハビリ資格者の配置整備や実際の機能訓練の内容などが改善された事業所もあることでしょう。大きく言ってしまえば雇用の創設に繋がった部分だってあるかもしれません。

加算改定のデメリット

ところが現実は本末転倒としか言えない状況が本当に多いです。最近の流行り(?)では機能訓練や介護度が軽く(要介護3⇒2のような)なった場合に加算が取れるとかいったものが目立ちますが、いくら報酬改定擁護派の僕でもお粗末と言わざるを得ないでしょう。

実際いい事は言っているんです、そして理想論的には正しい。しかしながら、現場や本人に係る無理は度外視しています。ちゃんとしてると胸を張って言えるであろう事業所のなんと少ない事か。本来この機能訓練等の項目は、リハビリを謳っている事業所であれば努力して当然のもの。その当然の努力をしない事業所がある、もしくは頑張っている事業所を評価するための加算となります。しかし現状を見ていると、どうにも「加算を取るための機能訓練」となってしまっている。これは特に大規模デイの現場の方であれば非常に強く実感されている事と思います。

悪影響の具体例

プランの正当性が怪しい

この加算を取るために、効果が見込めようが見込めなかろうが機能訓練をプランニングします。軽度者であれば日常生活+αの動作で多少の効果はあるでしょうし、中には機械をかければ良くなったと思う利用者さんだっていますよね。効果ありならば継続、効果なしならば見直せばまだいい方ですが長期で効果をうんたらかんたらと継続してたりします。

僕が問題だと思っているのはこのプランの中身の細かい所ではないんです、それは作成者の質に左右されるのでどうにもならないでしょう。とにかく組む、とにかく増やす、このようにプランを組むこと自体が目的となってしまうのがアカンのです。また、その量だって妥当である必要があります。特に改善と関りが無いのに本人の要求だからと不要な電気やリハメニューが組まれるのはよくある光景ですよね。

終わらない現場

その結果現場では特養クラスもビックリな業務過多が発生します。しかもこの現場が必死でメニューをこなしてバタバタしている中、無能な管理者は自分のナルシズムで作成したプランのモニタリングに追われデスクから離れない。こういう種類の管理者は本当に向いてません、どうせスタッフの休み希望には渋い顔しながら自分は平気で休むような人でしょう。僕に言わせればろくに現場に出もしないでどうやってモニタリングをしているのか甚だ疑問です。監視カメラでも付けているんでしょうか?付けてるならちゃんとその旨を掲示してくださいね、田代盗撮は犯罪です。

それからこの部分で更に問題なのは、正しくメニューがこなされない可能性がある点。15分のメニューを10分に短縮したり、なんならやってないのにチェック入れたりなんて事も起こり得ます。このあたりはいくら綺麗事を並べても必ずあると思って対応するべきです。人間である以上、手を抜きたくなるのは当然なのです。

そして人員不足

お約束です。業務がしんどい、勤務時間はほとんどメニューをこなしているから記録をしているといつも残業になる、しかもサービス。これでもチームがいいと人間頑張れるもんなんですが、ここで破綻するのに一役買うのが人の補充もできないダメ事業所、スタッフのフォローもできないダメ管理者、仕事できないけど文句と定時上がりだけ優秀なダメスタッフのどれか。どの人も自覚が無いのでどうにもなりません、現場で頑張っている皆さんは自分たちの力で変えていくしかないんです。事業所とスタッフは難しいですが管理者に気付かせるか蹴落とすかなら案外楽なものですよ。

おまとめ

今回の基本報酬についての増減はあまり意見は致しません。これが良いのか悪いのかはまだわかりませんからね、ただ一言だけ言及するとしたら基本報酬で増額しなくても良かったんじゃないですかといった所でしょうか。処遇改善に回してあげればいいのに。

ただし加算、これは今以上に加熱させるべきではないものと感じます。上で書いた問題点というのはほぼ加算が存在するせいですからね。機能訓練の取り組みに積極的な事業所に評価をとか確かにいい事ではありますが、我々の評価は利用者さんをはじめとした地域がして下さっています。良い評価を頂けていれば、次のサービスを依頼して頂けます。結果として必要な利益は上がるわけですので、評価ってのはそれで充分なんですけどねぇ。

今後加算を取るのであればもっとチェックの目を厳しくするべきでしょう。とはいえ役人様はやめて下さい、余計に経費かかるだけですので。例えばプラン作成やモニタリングの際に必ず外部を入れる、そういった取り組みをして初めて加算Ⅰとなり、内部のみで完結しているのであれば加算Ⅱにするだとかですね。まあこれやってもどうせ抜けてくるでしょうけど。

せっかく介護と医療の連携とか騒いでるんですからいっそ病院に介入してもらうとか面白いんですけどね。仕事増えるとか騒ぐから無理か、介護業界の成長はまだまだ遠いものです。

介護職を目指す人に向けて

auのCMがツボすぎてメインをソフトバンクからauにしようか本気で悩んでおります…介護の中の人です。

さて、そろそろ新卒の方を意識する時期になってきました。新卒いいんですよねぇ…やらしい意味じゃないですからね(笑)変なクセとかないんですよ、教えたことをひたすら吸収してくれるから下手なベテラン来るより将来的には戦力になりますし。

そんな新卒さん、もしくは新たに介護職を目指す人に向けた記事になります。介護の現実や求められるものなどをダラダラ書いていきますので参考にして頂ければ幸いです。

ちなみにですが訪問看護や訪問リハビリのような専門職は除外しております。

介護職員に求められるもの

このくだりは完全に僕の主観です。よく介護事業所は「資質」なんて言葉を使いたがりますが、あの言葉あまり好きじゃないんですよね。まあいいや、さっそく行きましょう。

観察力、洞察力

僕が一番求めるのはこれです。業務が早いとかスマイルが0円とかどうでもいい、これに尽きます。

いわゆる気付きというやつなんですが、これがなかなか難しい。介護の仕事している人の9割は自分で思っているほど気付けていないものです。普段と様子が違う、何がどの様に違うのか、それは何故か…ここまで凡人の仕事です、そんなの何も気付いてないようなもの。もう1ステップ、「もしかしてだけどこんな理由もあるんじゃないか、違うアプローチがあるんじゃないか」ココが欲しいんです。

ご飯が食べれない⇒この人たまに食べないよね⇒波があるんだろうね⇒夜も食べなかったらエンシュア飲ませよう…これじゃ足りない。確かに一部そういった波がある方もいます。でももっと欲しいんです、口腔内にトラブルがあるんじゃないだろうか、義歯が合わなくなってきていないか。家族の面会が多い方なら家族が何か食べ物を持ってくるのでは、それを食べないと申し訳ない気持ちがあるのではないか。話さないだけで錦織選手が大好きで、負けた日は落ち込んでいるのではないか。とかね。

こういった気付きというのは才能的に持っている人、気付きを増やそうと日頃から努力している人にしかありません。ただ仕事をこなしているだけの人というのは自分の経験を超えた発想がありません、勝手に目覚めるみたいな漫画展開は起きないのです。ここはぜひ意識して介護の仕事に就いてもらいたいものです。

接遇

これも大事ですよね、むしろ新人さんのうちはそんなに酷くないでしょう。問題は慣れてきた頃です。周りの職員はみんなタメ語に近い話しかたをしている、それを一人前と勘違いしてしまうケースです。そのうち業務にも慣れ、利用者さんにも慣れ、社会人としては何も成長していないにも関わらず自分が一人前になったと勘違いしてしまうんですね。

目の前の利用者さんは長い人生を経て我々が知りえない苦労をしてきています。年上=偉いではないという考えは一部同意しますが、そんなのは仕事ができない上司にでも言ってください。大変な苦労をして地域を支えてきたんです、今なおサービス利用という形で我々の生活を支えているんです、なのに敬意を軽んじるのは論外ですよ。

もう一つ、よくある言い訳があります。タメ語=仲がいいは勘違いです、一度介護を辞めて社会の仕組みを学ぶことをお勧めします。

学びの姿勢

最近auのCMで鬼ちゃんが言っている「学んだことは誰にも奪われないから」が名言すぎて悶えております。学びに関する言葉って、よく聞くような生涯学習とか知識は裏切らないとか、名言というよりなんか植え付けようという作為的なものを感じる言葉ばかりでした。そこに来てこれです、このCMは恐らく日本で初めての「社会人ですら自ら学びを意識する言葉」になるのではないかと思っています、本気で。

仕事を始めるとなかなか学ぶ機会は作れないと思うかもしれません。でも本当は作れるんです、せっかく終わった学生に戻りたくないだけ。難しい事じゃなくていいんです、きっかけさえ作れば誰にでも出来ます。毎日10分だけ気になった介護の言葉を検索するだけでもいいんです。その中で興味が出る記事があれば見てしまうようになるんだから。意外なところからケアマネや他の専門職に対する興味が湧くかもしれません、それに向かって少しでも何かをした人は、何もしていない人と比べるべくもないほどの知識を持っている事になるでしょう。

これは既に介護職に就いている人にも声を大にして言いたい、学んでください。日常の業務だけで満足しないでください、それができてやっと給料を稼いだと思ってください。その上で自分が何をどう学び、どう活かしていくかが次に繋がります。昇進してくださいよ、それが無理な事業所なら違う事業所に移ってくださいよ。いい事業所がなければ自分で立ち上げてくださいよ。やったふりは論外ですが、野望でも情熱でも何でもいいんです、自分から学びに向かう姿勢で学んだことは活用さえすれば必ず結果を生み出します。そんな人が増えれば大した能力も無い上司ばかりという介護業界の常識が変わっていきます。介護事業所の進歩はそれからやっと始まるんですよ。

介護施設の中身

さて、ここまでで心が折れた人は多くないと思いますが問題はこれ。本当に介護を目指していいんですか?介護じゃなきゃダメですか?中身を知って転職失敗のリスクを減らすのも一つですよ。

まずは介護施設、箱物と呼ばれるものです。入所施設って思ってもらえればOKです。

大型施設介護について

伏魔殿、とはよく言ったもので施設介護の闇は深いです。もちろんクリーンな事業所だってあるはずなんですが、グレー~ブラックの率が高すぎてもはやレアな存在となっております。人の目が多いのでたまにテレビで見るようなディープな虐待案件は起こりにくいですが、小さなものは非常に多いのでは。

人間関係

大型の箱物(特養、老健)においては、もはや平成も終わろうという現代において派閥という謎システムが存在しています。これは別に派閥を作るとか宣言するわけではなく、気が付いたらAさんにばっか同調する人がいたり、Bさんばっかリスペクトしてる人が現れたり、そんなのが増えてきて自然と集団化したものを派閥と呼ぶだけです。基本的に派閥トップは措置時代の遺産であるお局様、もしくは体育会系熱血修造介護員が君臨しております。後者の場合30代にして派閥を構えるという例もあり、その勢いはお局様を苛立たせ更なる派閥争いに発展していきます(言い過ぎ)。これらは普段からバチバチやってるわけではなく、抗争の火種は主にセクション会議等。施設の夏祭りや敬老会などは企画や準備を若手に押し付け自分たちは何もしていないにも関わらず、なぜか打ち合わせという名の会合を開いたり、なぜか抗争を始めたりします。誰得だよ

業務

仕事は見て覚える程度の覚悟は必要です。施設は一日中仕事に追われており、いつまでもダラダラと教える余裕はありません。

入浴介助は業務ではなくスポーツと割り切って下さい。次から次に利用者さんが押し寄せるうえに、規模が大きいとあと何人くらいかさっぱりわからなくなります。もはやゴールの見えないマラソン状態です。

また、慣れてくると担当のケースが付いたりします。これらは主に夕方のミーティング後や夜勤の時間を使って個人の記録等を行います。この記録内容が薄かったり、その人について聞かれた際に答えられなかったりした場合は、お局様から「担当なんだから」と厳しめのダメ出しを食らいますので気を付けましょう。

小型施設介護について

有料やGH(グループホーム)、特養サテライトなどが挙げられます。大型の箱物に比べて規模は小さいものの問題は大して変わりません。逆に小規模特有の辛さというのもあります。テレビで見るようなディープな虐待案件が発生しやすいのはこのクラスです。

人間関係

職員の総数が大型と比べて遥かに少ないので油断しがちです。まずお局様の権力がすごい、下手すると何の役職も無く施設長の次くらいに発言権を持ってたりします。また、法人内で多くの事業を手掛けている場合に、大型の箱物で他の職員と上手くやっていけない人を小型の箱にぶっこむという裏技を発動する場合があります。それが少し仕事が遅いとかならマシな方なんですが…人間的に非常に問題があったりすると、もはや地獄でしかありません。

僕が知りうる限り前述の多くの事業を手掛ける法人において、GHの所長とか主任とか所謂責任者とでも言いましょうか、ダメな率が非常に高い気がします。あくまでも他と比べてって意味ですからね、全国の優秀なGH責任者の皆様すみません。

業務

大型施設に比べると肉体的には楽ですが、偏りがあります。例えば入浴介助、着脱が1人と入浴介助が1人の計2人で行うのが普通です。それ自体がキツいという程ではないんですが、まだ仕事に慣れきっていない場合はなかなかの地獄。頼れる先が多くないので一人で必死になってやってるような感覚になってきます。また、夜勤はほとんどが一人です。昼間に救急搬送された人が、SPO2低いけどベッド空いてないからなんて理由で帰された日の夜勤なんか気が狂いそうになります。そんな時に限ってナースコールめっちゃ鳴るとか、でかいリュック背負って「帰る」って人が出てくるとかもうお約束

施設の形態によっては調理もあったりします。メニューそのものは栄養士が作ったものだったりするので何を作るかは困らないのですが、問題は味付け。利用者さんは味が薄いという、私薄味が好きなのよねーと謎のアピールする職員が検食すると薄味好きの自覚あるんだか無いんだか「しょっぱい」とか書かれる、板挟みです。

在宅系事業

在宅系はサービスごとに書いていきます。というのも、人間関係とか施設ほどダラダラ書くほどではないんです。それぞれで業務内容も違いますし小分けにした方がいいかなといった感じです。

デイサービス

業務というよりも、毎月の行事が泣き所かと思います。新人さんは夏祭りや敬老会などとりあえずでメンバーに入れられることがあり、慣れないといけないという謎理論いきなり司会させられたりする世界です。それ以外の散策や誕生会においてもさり気なくメンバーに当てられたりします。

ミーティングが無駄に長い事業所が多い。出来の悪い先輩や上司は、本人は何の提案も無いくせに「なにか新しい取り組みをしなければ」みたいな学生でも言える普通の日本語ドヤ顔で繰り出します。帰れよ

曜日により利用者さんの顔ぶれが違うので、覚えるのは少し大変です。逆にメリットもあり、毎日違う利用者さんと関わるので施設ほど対人的な飽きは来ないです。

デメリットとして、重度者との関わりの少なさから業務内で介護技術が伸ばせない点が挙げられます。大型デイ以外では男性職員が少ないので送迎に行かなければならない事も女性にはデメリットでしょう。

余談ですが14:30頃から送迎までは尋常じゃないくらい時間が進みません。要フリスク

訪問介護

たった一人で戦地(利用者さん宅)に赴くという、ハリウッド映画さながらの業務です。利用者さんごとにサービスが違い、大きくは生活介護(炊事、洗濯等)・身体介護(入浴介助、院内介助等)の2つに分けられます。事業所によっては通院等乗降介助といって病院の送迎(院内の付き添いは無し)もあります。

その中でも僕が触れておきたいのは、稀に調理と入浴介助に潜む鬼畜難易度。入浴介助は自宅の風呂を使用して1人~2人のヘルパーが行うのですが、高齢者向けに作られていない昔の風呂だったりがザラにあります。狭かったりとか浴槽が高いとか。施設のだだっ広い風呂とは違う苦労があるんです。調理も一例。厳密には障がいの家事援助ですが日に1回、2時間で3食分のおかずを作るというお宅がありました。3品×3食を基準に作るのですが台所は狭く、コンロは2口。ご家族さんの希望でできるだけ一つの食材を2品以上に使わないようなメニューを求められます。カレーを作ったとするとじゃがいも、人参、肉など他のものと被らないようにという超ハードモード。慣れるまで地獄でしたほんとに。

気を付けて頂きたいのが、もの盗られ妄想がある方の家に入るとき。常に本人の視界の中で行動するようにしましょう、でなければ余計な疑いをかけられます。実際、介護職員による窃盗は訪問介護がダントツ(中でも管理者が意外と多いです)なので身の潔白を主張できる姿勢で業務に望むことをお勧めします。

訪問入浴

 3人1組で利用者さん宅を訪問し、業務に当たります。事業所ごとで1日の訪問件数はバラバラで、最大4件と経営を心配してしまう所もあれば最大10件などと大根洗いとしか思えない所まで様々です。

チームで動くので新人さんも割と気軽に入れる業務かと思いきや、重度の方が多いので場合によっては施設の特浴を超える難易度だったりもします。3人それぞれの役割や作業が明確な方が仕事はスムーズで、手が空いてる人がどっか洗うというような事業所だと仕事しにくいかと思われます。

面白いのは、インターネットの掲示板なんかで介護事業のネタを探すと普通は「訪問介護について」とか「訪問看護の人集まれ」みたいに種目別なものがほとんどです。ところが訪問入浴に至っては「訪問入浴の派遣ナース」とか、果ては「訪問入浴○○」のように具体的な会社名の掲示板まである始末。たぶん3社くらいあると思いますが、中身がエグいです。よくあんなの放っておくものだと思いますが。今時の人は応募する前にネットで多少調べるのが普通だと思うので求人が不利になってるんじゃないかな。

福祉用具

直接介護ではありませんが介護事業だし介護福祉士あればできるので一応。

形態としては2つあります。自社で在庫を持つ会社と、卸業者と契約して利用者さんとの仲介的な役割をする会社です。後者の場合は納品日時の調整連絡などの電話を行ったり来たりしなければいけません、したがってその辺りは前者の方がスムーズでしょう。また、最大の違いは納品。前者は自分で納品に行く、後者は立ち会いこそすれど納品自体は卸業者がやってくれるといったメリットがあります。経営的には一長一短ですが、働く側にはそれなりに大きな違いかもしれませんね。

会社によってはノルマとまで言わないまでも、それに近い指標があります。今後の改正で福祉用具の単位が一律になるような雰囲気もありますので営業力が求められるようになる可能性はありますが、そちらは長くなるので個別に記事にします。

業務に関しては新規や交換の対応はもちろんですが、モニタリングが割と大きなウェイトを占めます。モニタリング自体は他の事業でも行うんですが、福祉用具は普段訪問する用が無いだけに、モニタリングのために訪問する必要があるのがネック。いろいろツッコミ所のあるルールなんですが今日のところは我慢します(笑)

お給料の話

ここまでで脱落した人は居ますかね?まだそんなでもないかもしれないのでお金の話をしますよ。

誤解があるといけないので言っておきますが、別に介護職志望者を絶望させようってわけじゃないですからね(笑)何の覚悟も無く入ってすぐ辞めるよりはいいかなと思って書いてるだけですからね。

本当に安月給なのか?

具体的にどんな会社ととか比べて言うわけではありませんが、額面だけを見ると安いです。更に言うと、中途半端な昇進では大した収入増にはなりません。

都会の話は分からないので、田舎の話をします。単純に僕が勤めた事のある事業所を例に使います。大丈夫、名前出さなきゃバレません(笑)比較のため他の職業も併せて載せます。

卸会社

本給13万、車両運転手当5000円、営業手当1万、通勤手当15000円

月4~6時間の残業あり、残業代はその時々でした。月に1~2回、半日の休日出勤があり、そちらは休日手当が出ています。

ボーナス夏1.5、冬1.5

特養

本給12万、夜勤手当1回3000円(月4~5回)、介護福祉士資格手当3000円

20歳手前でパートで入社し、半年後に契約社員になった時の給料です。23歳あたりの結婚したタイミングで本給が+1万円。通勤手当もありましたが近かったので大した金額じゃなかったですね。残業はあまりなかったですが月1回の勉強会と職員会議はほぼ強制参加でした。残業代ついた事はありません。

ボーナス夏1.7、冬2.0

デイ

本給12万、送迎手当3000円、介護福祉士資格手当5000円

始業前の送迎出発、職員会議など残業はついてました。処遇改善がボーナス時期に一括支払い。

ボーナス夏1.7、冬2.0

卸会社(本社関東)

本給16万、営業手当3万、みなし残業手当2万

繁忙期は毎日残業、月に40時間ほど。週2回の休み、自由に入れられる休暇が年12回、ブラックだしきついけどいい所も微妙にある会社でした。

ボーナス夏1.3、冬1.5

ブラックRX(本社関東)

本給14万、資格手当5000円、処遇改善1万、みなし残業2万、その他3万

うろおぼえですが。手当は多いと言えば多いんですが割に合いませんでした。教育体制が脆弱で社員管理もできておらず、新聞で名前を見た事がある人も多いはず。いつか抜けられるという妄想に憑りつかれた赤字体質なので、企業努力としての処遇改善は半永久的に不可能です。

ボーナス夏1.5、冬1.9

現在

いや書けるわけないでしょうに(笑)あ、新人さんの初任給書けばいいのか。

本給14万、処遇改善3万、資格手当5000円、その他手当1万~

昇給もちろんあり。

残業、休日出勤は全額。まあ残業なんて会議くらいのものですが。自家用車使用の場合、いくらとは書きませんがよそ様の倍は出してると思います。自家用車を業務で使用した際の経費はガソリンのみと思っている事業所が多いですが、教習所からやり直してください。自動車にとって短距離の移動が多いというのは劣悪な使用環境であると言えます。業務で自家用車を使うという事はつまり、少なからずタイヤ、各オイル類、バッテリー、言ってしまえばプラグや各ブッシュに通常使用以上のストレスを蓄積しているのだという事。ガソリン代出てるからいいやというブルジョワな感覚を捨てろとは言いませんが、自家用車を使う人は少し気にしてみてもいいポイントだと思いますよ。

一年経過社員、ボーナス夏2.5、冬2.7

あとは年数と評価で段階的に。昨年最大は夏3.0、冬3.6

どうでしたか?

改めて自分のこれまでを振り返ると、ようもまあこんな薄給で車にお金を使えてたもんだと思います。貯金なんてしてなかったからですけど。

ただ、このあたりで比べるとうちの処遇って高いはずなんですがこうやって数字だけ並べてみるとあまり変わらなく見えてきますね…なにかこう目立って見えるコツとかあるのかな?

って違う、僕の話はどうでもいい。この給料でやっていくんです、それが5年か、10年か、20年かはわかりません。特に意欲的でもなく毎日与えられた仕事をただこなしてただ帰る職員は腐るほど居ます。そっちサイドに行くならもちろん処遇は同じです、だってダメな人と同じ仕事しかしないなら同じ給料でいいですもんね。真自分の食い扶持は自分で作ってやろうと思う気概があれば収入なんてどうにでもなります。大金持ちは無理ですが。

でも朗報!長期勤続で大型手当!?

現在介護業界をざわざわさせている新たな手当があります。以前2回ほど考察記事を上げているので詳しくはそちらを参考に。

介護福祉士の処遇改善8万円は可能なのか? - 介護とか介護じゃない事とかの独り言ブログ

今ある情報で簡単に言ってしまうと、同じ施設で勤続10年を超える介護職員を基準点として新たに月8万円の処遇改善手当を出しましょうというもの。この手当の支払い対象者や割合に関しては事業所に委ねられそうなので一概には言えませんが、うちではこれを制度のままの支給にする予定です。つまり10年以上いる人にそのまま8万円出します。

先ほどの介護施設の給料を思い出してください。他産業で活躍すべき能力を持っていながらも介護に貢献してきた職員って居ます、そんな人だってあの薄給っぷりなんてザラにある話です。そんな人にこそ、介護を続けててよかったと思ってもらいたいんです。その人を見て、後輩たちが「自分もあれ貰いたい!」と奮闘してくれればいいのかなと。これを分散支給してしまうとトータルで考えた時に今以上のモチベーションアップは期待できないでしょう。それにね、分散より10年経ってから常に8万円貰い続ける方が総額では非常に多くの収入になりますよ。って脱線気味ですね。

本当に介護やりますか?

いかがでしたか?ここに書いていない現場的な業務にだってもちろん苦労はあります。ですがそれらは少し想像してみればわかる事ですから、今さら改めて書くほどのものではありませんよね。ストレスフリーな事業所ばかりならば楽なもんですが現実はそんなに甘くありません、そんな事業所の方が少ないです。今のうちに覚悟を決めるとか、就職先を考え直すとか、介護そのものを諦めるとか、その対処は人それぞれです。ストレスで潰れてしまう事のないよう、しっかり考えて自分の働き方を模索してみて下さい。

たとえ苦労しても、何が何でも介護がしたいんだ!という血迷った一緒に頑張りたくなる逸材を当社は求めております。今なら板フォン無料で差し上げます!

ではまた。

介護事業所を立ち上げよう!

あけましておめでとうございます、介護の中の人です。

 

1ヶ月遅れの挨拶もどうかと思いますが。仕事以外の事も忙しくてなかなか書けませんでしたごめんなさい。

 

さて、今回は介護事業所立ち上げについて。以前のブログで介護事業所の経営の甘さをたびたび指摘していますが、そこをクリアできるのであればぜひ立ち上げて頂きたいものです。

 

お金を用意しよう!

いきなり現実です。これ本当に大事ですからね、思い付きで事業を始めて資金が回らず、廃業する事業所の多い事…情けない限りです。そのうち儲かるとでも思っているのでしょう、そのうちなんて言ってる時点で黒字事業にはできないんですがね。

会社を設立するにあたり必要になってくる資本金。昔は株式会社を持つのに資本が1000万必要だとか敷居が高いものだったようですが、現在は大幅に緩和されており資本など1円でもOKになっています。だからって資本1円はあり得ませんが(笑)

日本では資本金の規模を会社の信用として捉える風習があります。本来会社の価値というのは資本金の規模ではないのですが、あまりにも少なければやはり信用してもらえないのも事実。これは利用者の増減だけでなく求人応募の増減にも関わってきます。

さらに、介護保険事業における収入の多くは介護報酬となります。仮に1/1~1/31の介護事業での売上が100万円あったとしましょう。請求~入金のフローにもよりますが、利用者負担を翌月請求としても2月に回収となるのは利用者負担の1割、10万円。国保連請求分の9割分の90万円は2月に申請して、入金処理になるのは3月という事になります。つまり今月の売上を回収できるのは再来月という事。お花畑経営者はこれを考慮しておりません。

現金基準での考え方でちょっと例を挙げてみましょう。ちなみに法人設立費用については後述となりますので、ここでは計上しません。

1月

自身を含む3名で1月に訪問介護事業所を立ち上げたとします。軌道に乗るまでは支出を抑えたいもの、念願のシャッチョサンになったけど自分はみんなと同じでいいやとして、3人トータルの月の人件費(役員は厳密には人件費ではないが)が65万円。田舎だけど大通りに事務所を借りたよ、9万円。水道光熱費や通信費が3万円かかったよ。税理士に1万円、掛けのガソリン代が2万円、今月は売り上げが30万円だった。備品などで20万円かかったなあ。現金基準で行きますので、1月の支払額は備品購入の20万円。つまり1月は-20万円となりますね。

2月

費用は1月と同じだよ。売り上げは40万円だった。1月分利用者さんに請求し、全額回収したよ。備品等で2万円使ったよ。

1月分利用者請求を回収=30万×0.1=3万

1月人件費65万+事務所費9万+水道光熱費3万+税理士1万+ガソリン2万=80万

回収分3万-1月分経費80万-2月備品2万=-79万

3月

費用は変わらず、売上は50万だった。2月分を利用者さんに請求し、全額回収した。2月に申請した1月分国保連請求は問題がなく、全額入金になった。備品の購入は無かったよ。

1月分国保連請求が入金30万×0.9=27万

2月分利用者請求を回収40万×0.1=4万

2月人件費65万+事務所費9万+水道光熱費3万+税理士1万+ガソリン2万=80万

回収分27万+4万-2月分経費80万=-49万

えっ…

初月30万、そこから月10万ずつと、小規模開設では悪くない伸ばし方になるんでしょうか?とはいえまともな収入が入ってきた3月ですら-49万円、3連月のトータルでは-148万円となっていますね。仮にこのペースで伸ばしていったとして、月あたり10万円ずつ売上が伸びたとしたら単月黒字となるのはおよそ9月あたりでしょうか。単月現金黒字というだけですので、それまでのトータルだと-250万ほどになるでしょう。そのころの売上って110万か…社員3人じゃフットワーク悪いですしパートさんも入ってるでしょう、それなら人件費も上がってますね。

上記の例で言いたいことは2つあります。一つは費用をナメてはいけないという事、こと新規開設にあたってはいかに費用を抑えるかというのは極めて重要なものです。もともと知ってる人に来てもらったから安い給料は…とか、国道沿いの目立つ場所に事務所を…とか甘えてるとこういった目に遭いますね。

もう一つ、単月黒字見込みの9月頃でトータル-250万と書きましたが、この例の会社においては最低250万、できれば350万の資本金が必要と考えましょう。赤字期間は資本金からしか費用を捻出できませんからね。ちなみに銀行から創業融資を受けるという手段もありますが、これはお勧めしません。借金は資本に計上できず、つまり単純な負債扱いとなって終了です。パチンコなんかと同じで完全に負けスタートですからやめておきましょう。僕は投資家ではなく経営者の目線しか知りませんから、介護事業における負けスタートは論外と考えております。 

法人格を取得しよう!

お金の目処が立ったら会社を作ります、介護事業の申請云々の前に法人格を取得する必要がありますよね。介護事業所というのは株式会社〇〇の訪問介護△△、もしくは合同会社〇〇の◇◇デイサービスという形となりますが、この株式会社〇〇や合同会社◇◇の部分が法人格となります。要は会社そのもののコトですね。小規模の法人格取得に際し社会福祉法人や医療法人は現実的ではありませんので、株式会社・合同会社NPO法人が主になってきます。合資会社や合名会社というのもありますが、あまりおすすめの形態ではないので省略させて頂きます。

 

で、上記3種の中から選ぶわけですが…この選択は慎重にして頂きたいです。それぞれにメリットやデメリットがあるのはもちろんですが、廃業率の増加を見る限りデメリットの影響は今後他産業の比ではなくなってくるでしょう。ここではその法人格ごとのメリットやデメリットについて紹介します。介護事業所開設に直結するものだけ挙げていきますので、もっと詳しく知りたい方は専門家のブログでどうぞ(笑)

株式会社

他と比べて周囲に安心感を持ってもらいやすいのが最大の特徴でしょうか。規制緩和により非常に取得しやすくなっております。反面その取得のしやすさから、安易な設立・経営により廃業する会社も増加しております。これは介護事業に限った事ではありませんけどね。

株式会社というのは営利法人ですので、当然利益の追求が求められます。より質の高いサービスを提供し、利益を上げ、更に上のサービスを目指す。ところが現実は、毎年同じような事を繰り返しているだけといったケースの方が多いです。これは将来的には淘汰されていく(維持は低下と同義)のですから、危機感を持つべき事案なのですが。

カネに汚くなる必要はありませんが、真剣にカネと向き合える方でないと厳しいような気がしますね。

メリット

他の2つに比べ信用を得やすい。また、他事業にも手を出しやすい。

株主=社長であれば、そこはあなたのお城。

利益配分は出資額に比例するため、平和な世界。

株式公開ができる(場合によりデメリット)

デメリット

設立費用が高く、25万~くらい。30万あれば安全。

決算公告義務があるため、ランニングコストも高い。

株主総会の開催が義務であるため、それらの手間と費用も考慮が必要。

役員の任期が10年と定めあり(場合によりメリット)

合同会社

何よりの強みはお金がかからないという点。介護事業では合同会社って珍しくないんですが、理由はこの一点に尽きます。また、登記時の書類も少ないため作業も楽。ゼロからのスタートには一番適しているかもしれません。

ですがデメリットも小さくありません。やはり法人としての格とでも言いましょうか、聞きなれないし怪しいしで信用を得にくいのが現実です。逆の話をしますと、社協や社福なんかはどんなに不正で有名になろうと利用者減が大きくないですよね?株式会社なんかは盛大なダメージを受けますし、合同会社ならさらに倍くらいダメージあるかと思います。また、利用者確保はまだいい方ですが従業員の確保が難しい。パートならともかく優秀な正社員が欲しいといった時に、求人票の時点でスルーされる恐れが非常に高いです。

ですがご安心を、合同会社から株式会社に変更する事もできます。とりあえず事業を始めて、軌道に乗ってきたら株式会社に変更というのも重要な一手。ちなみに10万円程度です、高いと見るか安いと見るかは経営者次第ですね。

メリット

設立費用が安い。6万円程度。

決算公告義務が無い。

役員の任期が無い。

デメリット

怪しい

他法人と比較し、ネームバリューが低い。

利益配分が自由(トラブルの要因)。

NPO法人

数は多くありませんが、介護事業所の中にはNPO法人ももちろんあります。よく勘違いされるのですが、非営利というのは儲けてはいけないわけではありません。儲ける事が主体の事業はできませんし、その利益を配当できないだけの事です。介護事業は営利事業として行う事が出来ます、定款や運営規定にしっかりと盛り込めば給与や賞与その他についても営利法人同様に出すことができます。また、これも勘違いされやすいのですが営利事業を行う以上は法人税の対象です。

最大のメリットは設立費用がほぼかからない点、次いで地域の評価が得やすいといったものが挙げられます。どちらも介護事業との相性は抜群です。

ですがそれらを帳消しにするだけのデメリットも当然あります。透明性が求められるNPO法人ですので、設立はもちろんのこと決算等の書類の煩雑さは群を抜いています。さらに会計処理がやや特殊なため、本当に手間がかかります。事業そのものよりもこうした法的に求められる書類等に割くエネルギーが多すぎるため、個人的にはお勧めしません。

メリット

設立資金がほぼかからない。

法人格の社会的評価が高い。

デメリット

恐ろしいほどの書類作業に追われる。

違う事業にも手を出したくなった場合、制限がある。

求職者からは薄給のイメージを持たれている。

総会の開催も手間がかかる場合が多い。

役員の制限がシビア。

有効に利用できる補助・助成は減少の一途。

介護事業の申請をしよう!

法人を設立したら介護事業の申請準備をしましょう。難しく考える事はありません、指定申請はよほどの事が無ければ通らないという事はないんです。サービスごとの細かい部分は個別記事に譲るとして、ここでは大まかな申請の流れについて紹介します。もちろん自力申請をしましょう。お金を払ってまでやってもらうような書類はありません。

市町村に相談

これは申請に必要な事業計画等を作成してからの方がいいのですが、当県のサイトでは最初のフローとなっているので一応その通りに書いていきます。各市町村にある介護保険課(地域によって微差ありますが)へ出向き、担当者と協議をします。事業開始の理由、自身の経験値、利用見込み職員配置や採用の目処、この程度は詰めてから行くようにしましょう。ここでの協議内容を様式に記入し、申請時に提出する必要があります。

申請様式の記入

サービスによって必要な書類が違う場合がありますが、大したものではありません。気を付けてほしいものだけ紹介します。

勤務形態一覧表

常勤換算の理解が足りなければこれに泣かされるでしょう。訪問入浴は不要、福祉用具は2.0とわかりやすいのでいいのですが、訪問介護やデイサービスなんかは煩雑なこと間違いなしです。こちらでは管理者兼務の場合、管理者0.1、常勤0.9で振るのですが県によって扱いが違う場合があるかもしれません、不明な場合は問い合わせましょう。また、管理者は1職種のみ兼務できるのですが勘違いをしないようにしましょう。

管理者を1職種として、さらに1職種ならOKという意味です。

これには実際の業務量等は一切考慮されません。すごくヒマな訪問介護と更にヒマな訪問入浴の兼務であっても、管理者が付いている人はアウトです。

事業計画書

会社で作成する数字バンバンな事業計画書とは別物です。アンケート程度の記入内容(失礼)ですので難しくはないと思いますが、そのぶん油断しやすいので記入漏れ等に十分注意してください。

運営規定・契約書・重説

テンプレはネットにありますが、穴埋めをするだけでは無く必ず理解しながら作成するようにしましょう。不足等あって有事に泣きを見る事になってしまいます。

契約書と重説は別物です。同一のものにしたければ必ず重説に契約書の内容も盛り込み、尚且つ契約書も兼ねる旨の一文を加えましょう。逆はダメです、基本的にこの二者は「重要事項を説明した上での契約」という関係になっておりますので矛盾が生じます。スルーしてくれる自治体もあるかもしれませんが、できるだけ安全な橋を渡りましょう。

設備・備品

共通して注意しなければいけないものは相談室の確保と手指洗浄等の設備です。相談室は一般に業務を行う部屋と区別されなければいけません。パーテーションで区切る等でも大丈夫ですが、常にその状態で置いておける程度の事務所面積は必要という事になります。

手指洗浄等の設備は落とし穴。ハンドソープ、アルコール、紙コップ、イソジン、ペーパータオルの常備が望ましいです。紙コップとペーパータオルは使いまわしによる感染防止の観点からですね。

写真を撮る際は全体がわかるように。うるさい人はうるさいです(笑)

いざ申請!

ここまでの書類をそろえたら県庁の担当部署へ書類を提出します。事前に連絡し、訪問日時を決めてから行きましょう。担当者がその場で軽く書類に目を通しますが、本格的なチェックではないので大した時間はかかりません。

初回の申請では理解したつもりでも小さな間違いがつきもの。数日中に訂正箇所の連絡がありますので、指示通りに訂正して再度提出します。これはFAX等で十分です。

これらの書類が完璧になればもう申請は終了となります。指定が下りた旨の通知が届きますので、しっかりと保管しましょう。

さいごに

法人設立については(詳しく書いてませんが)登記書類に悩まされる場合もありますが、指定申請はこう見ると大した作業ではないような気がしてきませんか?申請をあまり知らない人に聞いたりネットの情報を鵜呑みにすると大変な作業に感じますが、いざやってみるとそんなことはないです。書類だけなら1週間、長くても2週間もあれば余裕で作成できるかと思います。

なぜこんな記事を書いたのかですが…大企業の介護事業を全否定するわけではありませんが、あまりに肥大化すると目が届かなくなるものです。僕個人としては、教育の追いつかない大きな会社よりも優良な小規模事業所が数件ある方が今後の介護事業の市場を活発にすると思っています。ですので理想ある介護人にもっともっと起業して頂きたいんですよね。

ちなみに教育といえば何年も前に社福がとんでもない事を言っていました。規制緩和により民間が介護事業に参入してきたのが原因で、介護の質が低下したと言うんですね。笑うしかない。自分たちは未だに措置時代のままの化石介護をしておいて何を言うのか、そもそも民間介護事業者とはいえ中核に居るのは規制時代に自分たちが育てた介護人ではないのか。人のせい、会社のせい、国のせいにしたがる介護人が多いのは自分たちの罪であると認識するべき。ゆとり世代を作った世代こそ本当のゆとり世代の原理ですね。

しまった、あと一歩の所で脱線した(笑)

それではまた。

介護職員が老健に転職してはいけない5つの理由

f:id:kaigo-nakanohito:20171213104336j:plain

ドライブが趣味なのに路面が悪くて引きこもっています…介護の中の人です。

と言っても僕のは大した車ではないんですけどね。単純に色んなとこ行くのが好きなだけです(笑)

さあ、今年も冬の転職シーズンが来ますね。ボーナス後に人が減るのは介護業界のお約束。そんなわけで今回は転職に関してのお話、しかも介護業界のジオン軍(なにが?)老健への転職についてダラダラ述べていきます。

あくまでもガチガチの介護職員がという内容です、適当に仕事してコンビニ以下の所得で我慢できる聖人のような方には当てはまらないです。あと老健というより老健が母体となっている事業所くらいの範囲で書いていきます。そこは各自の体験を元に脳内補完してください。 

 

老健ってなんだ?

正確には介護老人保健施設という名称です。

人員記事において常勤医師(定員100人あたりです、後述します)が必要である事から多くは医療法人での経営となります、つまり母体はほぼ病院です。介護保険制度の中で運営するため介護施設という事になりますが、そのサービス内容は実質的に病院の延長線上にあると言えるでしょう。

また、入所とは言っても長期のものではありません。。たとえば特養(特別養護老人ホーム)なんかですと終身入所がほとんどですが、老健の場合は3ヵ月とか半年程度の一時的な入所となります。 

もう少し詳しく見ていきましょう。

短期間で何をするの?

老健への入所というのは自宅復帰をするためのものです。つまりこの入所期間で自宅に戻る準備をしましょう、こういった使い方になるんですね。

具体的には在宅生活に必要なリハビリがメインとなるほか、管理栄養士による食事管理や指導、医師による服薬の調整なんかもあります。

 えっ…介護は?

もちろん介護的な面もあります。在宅復帰が前提だからと言って元気な方ばかりではないのです。もちろん寝たきりのような方もいますので、介護力は当然必要となります。

病院じゃダメなの?

ダメです。病院での入院生活というのはあくまでも医師の管理下で安静が必要だとか、傷病の鎮静化までのものです。いつまでもリハビリ目的で入院していると、次の患者さんを受け入れられませんからね。

ですので、老健への入所というのは「入院するまでもないにしろ、在宅復帰に際して何らかの準備が必要な場合」が基本的な考え方と思って貰えれば結構だと思います。

基本的には…ですが。

 中の人の老健

ゼロです(笑)

タイトルをよく見てください、僕は介護職員が老健施設で働く事を推奨していません。推奨していないのに働くなんて事はないでしょう。

ですが老健が母体となるデイであれば多少勤務経験があります。老健そのものに勤務歴のある知人はゴロゴロおりますし、なんと嫁様もその1人だったりします。 

ではそろそろ行きましょう、中の人の超絶自己中分析の始まりです。

介護職員が老健に転職してはいけない理由

長くなるので珍しく早い展開でゴリゴリ行きますよ。

これは別に老健に嫌な思いをさせられた仕返しとかではなく(そもそも勤めた事が無い)介護職員として勤務した場合、人間1人の人生を考えた時に損失が大きいだろうという視点でのものです。また、あなたの勤める老健が以下に該当しない場合は超絶ホワイト老健という恐ろしく希少な存在という事です。経営的に問題が無さそうなら逆に勤続する事をオススメします。

①あなたが期待する介護はできません

その最大の要因は老健の役職にあります。元が医療法人ですので、役職については病院に準じたものとなっています。病院に準じたものというのがミソで、これがまた介護には全く合っていない。

・施設長

いきなり長くなりますがお付き合い下さい。

これは前述した医師が兼務するケースが多いです。多くを学び知識としているという理由ももちろんですが、そんな事より重要なのは常勤換算。1施設に1医師なんてやってられないでしょう、医師はそんなに余っていません。 

常勤換算は定員100人あたり医師1人です。100人あたりという言葉を紐解くと、100人に対して1人という法解釈ができます。つまり10人に対して0.1人、50人に対して0.5人という事。 老健が入所定員を多くしない理由は二つあり、一つはそこまでの需要が無い事、もう一つがこの常勤換算です。 

介護保険法における常勤換算とは月の営業日数(通常は20~22程)を常勤が働くべき日数で割り、必要な割合の出勤をしているかどうかという事になります。わかりやすく月を4週と仮定すると、

 

営業日数20日÷常勤必要勤務日数20日=1.0

 

この1.0が「常勤」に求められる常勤換算となります。では非常勤であればどうでしょう?

定員50人であれば医師の常勤換算は0.5となりますので、週2日半の出勤とか週5日全て半日とかの勤務でいい事になります。あとの日数は現役医師なら病院に居るでしょうし、退役医師なら家で寝てるでしょう。 

つまり介護施設として考えた時に施設長が飾りだと言うことになります、でも飾りだと処理しきれない仕事が出てきますよね?その仕事を埋めるポジションが必要となってきます。それが次の人になります。

・事務長

これも老健では定番なのですが、事務長が実質トップという流れになります。これも少し解説が必要になるのでお付き合い下さい。 

医療法人とは会計のトップ、すなわちここで言う事務長に力を持たせます。これは役所や一部営利法人に代表される、カネを回す人間が企業を回しているという考えに準じたものです。しかし病院ならまだしも介護施設という場においては効力が薄いと言わざるを得ません。 

簡単にだけ言いますと、介護の理解に乏しいからです。いくら合間に勉強して介護福祉士を取った、ケアマネを取ったとしてもそれは関係ないんです。そんなもん誰でも取れます。ベースとなる知識や現場力がないので言葉に説得力が無いんですね。そんな上司がどうして介護現場を引っ張っていけるのか、事務屋は黙って事務だけやってろ、そういう事です。 

あまりにも大きすぎる弊害、実質トップが介護素人という事。もし事務長をしている人がこれを読む機会があれば、少し自覚を持ち介護を学ぶべきです。職員に対する言葉がカラッポですよ。

・直上の上司は看護師

これです、デカいです、そしてやっぱり長いです(笑)

老健の性質を考えると仕方が無いのかも知れませんが、介護看護のセクション分けがされず(一応されていたとしても)主任やら婦長やらという名目で居座るのが看護師の存在です。これが殊勝な看護師ならともかくとして、ただひたすらに自分の手柄を作りたがったり横柄な態度を取るだけという悲しい現実は少なくありません。あなたが素晴らしい看護師さんならごめんなさい、この項目はスルーを推奨します。 

介護施設における看護師の増長、これを作り上げたのは他でもない介護施設や病院そのものです。現在日本では看護師が不足しています、恐らくなのですが潜在的な不足具合では介護職員の不足に匹敵するレベルではないでしょうか?仮に簡単なフローを作ってみます。

 

病院の正看護師が足りない

病院で准看護師の採用が増加

今まで施設に来ていた准看護師が減少

 

あくまでも例ですがこんな流れとします。施設も運営を続ける上で看護師が必須です、ならばどのようなエサで釣るのか。簡単です、病院に並ぶレベルの待遇を用意すればいいんです。

准看護師で施設勤務、この所得を甘く見ている介護職員は幸せです。自社の看護師求人を見て下さい、基本給がありますね?施設看護師の半分はそこに書かれている金額の2~3割増の給与支給がザラにあります。初年度からで、しかも満額ボーナス付きです。

看護師は転職のプロと思って構いません、転職による収入の上げ方を知っているんです。しかもこれ、正看より准看の方が顕著に見られます。そして偉そうにするのもなぜか准看が多いんですね、周りに正看少ないからかな。 

とまあ給料の話はこれくらいにして、そもそも看護師というのは介護観というのをまるで知りません。似てはいるものの異なる仕事だから仕方ない、ミカン農家がキャベツ作り始めるようなもんです。

 

介護をしたくて入ったあなたの介護観はほぼ否定されますよ。

・つまりどういう事?

あなたの上司はどっちを向いても介護に於いてド素人だという事。この環境ではあなたの意見はほとんど通らない、真面目にやるだけ損と思わされてしまう要素があまりにも多いんです。

 

逆に向こうは老健で介護とか言ってんなよ、くらいに思っているかもしれませんね。むしろそちらが正しいのかもしれませんけども、だってそこ老健なんですから。

だからと言って働く意思を削がれるような職場で仕事なんてしたくないですよね。これが第一の理由、あなたの介護力が無駄になるからです。 

②処遇がダメ

処遇、つまりあなたの給与、賞与、昇給が弱いという事。これはガチです。

バッサリ言うと経営が下手くさいという事なんですが、その一言で片付かないんですね。

・広告費過剰

僕が知る限り、老健というのは持っている金の使い方をわかっていないボンボンのようなもの。そういった意味で言わせてもらうと、上記の経営が下手くさいの一言に尽きます。

 

利益はそこそこ出ているはずです。今期の分科会の報告(見ました?)にあった通り老健は相変わらず高ポイントです。余談ですが次回の改訂でも減算対象と言えますね。それから後で盛大にブチ撒けますが利用者から不要とも言える手数料を徴収してるくらいです、さぞかし儲かっている事でしょう。

そんな彼らが一番やらかしている事、田舎においては致命的とも言えるプレイがこちら。

 

過剰広告

 

これを病院レベルでバチバチ打つんです。テレビもそう、国道沿いの大看板もそう、電柱広告もそう。介護経営をナメ切ってます。

介護というのは世にSNSが広まる前から口コミが口コミを呼ぶ世界です。それは中規模の田舎が最も盛んであり、完全な田舎であれば逆に縮小します。

ダメ老健が猛威を振るうのは正に中規模の田舎であり、敢えて言うならわざわざ行かないような県の中で上から5番目以降の市とか町あたりです。で、それくらいの丁度いい田舎(全国の丁度いい田舎の方々すみません)で広告をガンガン打つとどんな話になりますか?

あそこは儲かってるな

これです、丁度いい田舎の人の(全国の丁度いい田舎の方々ホントにすみません)市原悦子心を煽るんですね。余計な詮索(想像)が止まらなくなります。なのでこれ、全てではないですが多くは無駄金なんです。そんな余裕があるなら職員に還元するべきなんですが彼らはしません、効果があると思っているから。

・人件費過多

人員基準として医師や看護師、果ては機能訓練絡みまであるので当然ではありますが、一般的な介護事業所との人件費差は推して知るべしです。

 

非常勤とは言え医師兼施設長

施設長の業務代行的な事務長

もはや天狗と化した看護師

 

これらが特に足を引っ張る引っ張る。僕の思考で言うとこの処遇と広告費を多少削って営業職を配置した方がまだ効率的なんですけどね。

…これは脱線しそうなのでやめよう。とりあえず人件費に無駄があるということです。でも彼らはこれを改善できません、まずそれに気付けないから。 

ちなみに老健ではPTやOTだって低所得なケースが多いです。なので優秀な人はどんどん抜けます、どんな人が残ってどんな人に役が付くのかはお察しください。 

つまり?

人件費が多い、広告費が多い、他にもアレやコレの購入費も多い、でも最下層である介護職の処遇改善に興味はないよ?これが老健の体質となります。綺麗ごとを並べたがるでしょうけど、実質そうでしょう。

 

第二の理由、あなたの生活力は低いままストレスと勤続年数だけが積み重なっていきます。

③人間関係激悪

もうね、やばいです(笑)僕は特養勤務の経験があり、そこには当然のように派閥というものがありました。AさんのグループとBさんのグループとCさんのグループがあるんですね。幸い男なので巻き込まれるという事は無かったのですが、やはり女性は巻き込まれていくんです。

 

だがしかしbut、老健はその比ではありません。

・一人をいびり倒す

仕事には適正というものがあります。しかし適性の有無に関わらず上司や先輩は人を育てなければいけません、これは義務といってもいいレベルです。しかし残念なことに、この努力を全くせずとにかくいびる人間というのがいます。そしてその割合が多いのが老健。まあ看護じゃ介護は教えられないのかもしれないけど。

 

これは前述の勘違い看護師(上司)が引き起こす事が多いです。しかも彼らのやり口は実に巧妙で、先に事務長あたりに「新人があまり仕事を覚えない、覚えようという気持ちも見えない」みたいな伏線を張ります。

これも前述していますが、事務長というのは介護素人です。それなのに何人も職員を見てきたなどと寝言だとしても考えられないようなユニークな勘違いをしているんです。

文字通り見てるだけですからね。自己の過大評価も甚だしい。そんな全てを知っているみたいな事を考えている事務長様ですので、この伏線がワンピースばりに効いてくるんです。

・意見の相違が多すぎる

自分たちの決めたルールは絶対であります。利用者さんが何か手伝ってほしい、助けてほしい時に出てくるテンプレがこちら。

自分でできるでしょ

うーむ…特養でもこんな人いたけど、なんなんでしょ?仮にそうだったとしてもですよ、この言い方ってなんなんでしょ?

そりゃ衝突して当然ですよね、特養の場合は介護のお局様がこんな事言うんですが老健の場合は往々にして看護がこれを言います。もともと考え方が違うと言われる介護と看護の溝の中にこんな爆弾が落ちてきたらそりゃ衝突しますよ。 

これに限らず、介護VS看護という場面が本当に多いです。そして介護は勝てません、理由はお察しください

・つまり?

必要業務以外の人間関係でのストレスが非常に多いです。しかも介護施設以上に改善がなされないので始末が悪いですよね。  

第三の理由、人間関係が劣悪になりやすく忍耐のみが求められるという事。

④人事異動が雑

ある程度慣れた職場に居たいとかそもそも施設介護を志望して入った等、人事異動を敬遠する人も居るかと思います。

大丈夫です、そこも抜かりないですよ(笑)

・異動機会が半端ではない

老健にも複数の併設事業所がありますが、異動先として無資格介護職であればデイ・有料・訪問入浴があります。介護福祉士等の資格があれば訪問介護福祉用具も視野に入ってきます。これらの事業では常にどこかしらの人員が不足しており、もはや万年求人と化しているところも少なくないでしょう。でも都合よく求職者が来るわけでもなく、入る前に次の退職者が出てしまいます。そこで繰り出される必殺技が人事異動です。 

常にどこかで欠員が出るものだから通常の時期的な人事異動だけでなく、年間通して誰かがどこかに出されます。出した事業所も人が余っているわけではないので不足する羽目になり、業務負担が増加します。もはや負のスパイラルですね。 

ちなみに介護職よりも理不尽な異動をさせられる人が居ます。なんと事務員さんもその対象ですよ、あまりにも酷すぎますね。

・出向という魔法の言葉

これは医療法人だからこそ多いものかもしれません。あまり背景については詳しくないのですが、中身だけでも十分エグいです。 

異動の際に出向という言葉がよく使われます。そもそも会社には割と寛容なほどの人事異動権があるのですが、それをさらに自由にするのが出向。なんとこれ、本人の同意が不要なんです。しかも基本的には元の場所に戻るスタンスですので、命じられた側も少しの間の我慢と思ってしまいがち。僕のデイ勤務時代の先輩が出向で来ていたんですが、かれこれ3年は居たようですよ。僕が退職した後もしばらく居たので5年は軽く居た計算になります。介護人として非常に優れた人だったんですが、老健に戻る事無く退職し現在はトラックに乗っております。腰痛持ちなのに…。 

あなたはこの出向、断れます?もしくは辞めます?

・つまり?

とんでもない確率で異動のチャンス(笑)が巡ってきます。しかも異動したら給料下がったとかもザラ、悪夢以外の何物でもありません。 

第四の理由、人事異動に関わる主導権は完全に会社にあり、しかも不利益を被る可能性があるという事。

介護保険法上の今後のポジション

僕は老健というものが介護保険事業として今後永らえていくものとは思っておりません。とは言え介護とは違い絶大な発言力を持つ医師会が黙っていないでしょうから救済的に違う名称、違うスタンスで残る可能性が無くはないんですが…どちらにせよ救済される程度ですので実質終わるものかなと。良くて縮小です

特養にも似たような事が言えるのですが、この何でも併設大型箱物コンビはお金の使い道がちょっと特殊なんです。建物そのもののサイズから来る莫大な施設補修費、僕たちの所得ではまず考えられない機械の導入、とにかく一撃の破壊力がすさまじい経費というのがあるんです。ところがそれを理由にお金をあーしたりこーしたり(お察しください)するもので、職員の処遇改善には積極的ではないんです。んじゃこれ、どうなります?わかりやすく僕の言葉でお送りしますね。

なんか儲かってるみたいだしお金貯めこんじゃってるね、そんなに余るなら介護報酬が過剰なんだよねきっと(キラッ

減額です。さらに処遇改善がおろそかになり、さらに人が辞め、す〇家モードに突入していきます。

結論、やめておきましょう。

パートなんかで働く分には別にいいかもしれませんが、今のままでは老健事業に先はありません。施設が変わらなければいけないのにその意識は皆無です。家族を養うための収入や将来性を考慮するのであれば、悪い事は言いませんやめておきましょう。

もし介護職としてのプロフェッショナルを目指すのなら尚更です。介護職員が処遇を上げる手段は二通り、現場レベルでのキャリアアップと上位資格取得。ところが上位資格は今のところ大きなメリットがあるわけでもなく、取得にかかる費用を負担する会社もほとんど無いでしょう。うちもさすがに出せないです。となると残るはキャリアアップなのですが、無理でしょう。だって介護観の無い介護しかしないのにどうやって介護知識やスキルを伸ばせるんでしょう。基本は自分で学ぶ事とはいえ、一日の多くを過ごす職場に学べるものがないというのはとんでもないハンデです。

僕は介護で家族を養っていきたいのです、そしてどんな立場にあろうと現場から離れたくありません。同じような望みを持つ介護職パパってたくさん居ると思っています。そんな人にこそ言いたい、老健に転職してはいけません。

オマケ

小話です、あまりにもダークな終わり方をすると後味悪いので口直しです。僕が普段お付き合いしている人のお話。

僕が実際に関わっている人の中で最も優れた人物と思っている人ですが、よりによってさんざんボロクソに言った元老健事務長。ほんの短い期間ですが僕の上司だった事もあります。今では仕事相手とでも言いましょうか、直接仕事で関わる訳では無いのに会えばダラダラと話し込んでしまいます(笑)

総合事務職としての手腕はもちろんなのですが、現場に手が足りないと自らフォローに出てきていました。また、介護職と絶妙な距離感を持つというのが非常に上手い。上から指摘する姿を見たことがなくアドバイスのような格好、あくまでも自分は現場のプロではないから最終的には君達プロが考えてというスタンスでした。 そんな彼が僕に与えた影響は小さいわけがなく、職員との関わりの中で常に彼の立ち振る舞いを意識しております。

今回の記事にある「老健事業に先はない」という言葉は、もともと彼のものなんです。

その話をした当時、僕はブラック企業社畜でしたのでその言葉が理解できませんでした。いやいや需要は途切れないでしょと、バックに病院があるんだから潰れないでしょと。ところが今、こうして介護保険法をはじめ介護のクソめんどくさい目まぐるしい環境変化の中に身を置いて初めてその真意を感じております。今にして思えば、彼の視点は老健の外からのものだったのでしょう。会社って面白いもので、外から見ると土台も腐ったガタガタの状態でも中の人から見ると立派な経営をしてるように見えるものなんですよね。そういった意味ではうちも気を抜かず頑張って行かなければなりませんが。

でも不思議で聞いてしまいました。頭の切れるあなたから見て先が無いと断言するような老健に、どうして居続けるんですか?と。彼は少年のような笑顔で答えるんです。

「だって俺、病院から出向してるだけだから関係ねえもん」

 

クッソwww

 

凄まじい破壊力でした。そうは言いながらも彼は現場が働きやすい環境を整え、老健事業を永らえさせるべく奮闘していましたけどね。その努力は尋常ならざるものであり、僕などまだまだ何の努力もしていないなと思わされる程です。現在はまた違う施設でトップを張っている模様です、今後もその手腕を発揮して素晴らしい事業所へと育てていく事でしょう。

願わくば働く人間の意識改革とか寝惚けた事を言う前に自分が行動する、そんな彼のような上司が介護業界にも増えますように。

 

さしこ

かしこ